まあ思いついたことをつらつらと書き綴っています(写真は奥多摩から見た富士山)。


by M.M@Kanagawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

予算と組織の一般的傾向

このブログの過去の記事を読み返してみたのですが、そこで「予算」について言及したところを改めて読んでみて少々思うところがあったので、ツィッターでつぶやいてみました。

それが下記の枠内の記述(ちなみに、ハッシュタグは省略)

予算先行主義の弊害(その1)。あらかじめ決められた予算額を前提とすると、達成目標が予算額に拘束されるため、その範囲内でしか企画を立てられなくなる。つまり、最初から可能性の範囲を狭めてしまうため、より効果的な施策を講じることが非常に難しくなる。

予算先行主義の弊害(その2)。商品企画にしても事業企画にしても、予算範囲を確定せずに立案することでより効果的なアイデアを捻出ことができる。なぜならば、予算に拘束されない分、自由な発想で企画立案を行うことが可能だからである。

予算先行主義の弊害(その3)。もちろん自由な発想で企画を立案しても、実現可能性・対費用効果を考えた場合、ボツになるアイデアは出てくる。それは企画立案後に予算範囲を明らかにした後に精査していけばよい事である

予算先行主義の弊害(その4)。自由な発想の元で立案された企画には当然、自由な分、粗が目立つものである。しかし、それを予算と照らし合わせムダな部分やコストカットできる部分を精査することで、より質の高い企画へと発展させることができる。

予算先行主義の弊害(その5)。すでにある予算を前提として企画を立てた場合、予算に合わせて何をするかを決定するので、まずもって実現目標にあわせてムダな部分やコストカットできる部分を精査するということを避けるようになる。

予算先行主義の弊害(その6)。すなわち予算額を前提とすると、その金額にあわせてなんら工夫をするということがなく、あらかじめ限界が定められてしまうことになるため、実現目標の設定も必然的に低く抑えられるようになる。

予算先行主義の弊害(その7)。しかも、目標設定を低くすることにより余剰予算が生じることが多く、その余剰予算は大概、無駄な経費として費消されることになる(実は、現在の国や地方公共団体の予算システムの弊害はここにある)。

予算先行主義の弊害(その8)。確実な予算配分によって確実な事業成果を達成することを目指すあまり、予算先行主義を合理的な事業推進の方法と考える傾向が顕著だが、そこから得られる果実は実に少ないものと考えるべきである。

予算先行主義の弊害(その9)。そもそも事業計画は予算を費消することが目的ではなく、予算を活用して組織を効率よく運営することにある。予算の意義とは、「いくら必要」ということにあるのではなく、「どのように配分するか」ということにあると思う。

過去の経験をもとに考えてみても、大概何かやるときは、あらかじめ予算額が決まっていて、その範囲で仕事の目標を設定するということが、組織の常態となっています。

人間というものは、あらかじめ限界が設定されていると、その水準よりも低い目標を設定する傾向があります。

それは「確実を期す」という言葉で正当化されますが、実際には予算超過のリスクを回避するというよりも、自らが実現すべき目標水準を低く設定する言い訳となることが多分にあります。

「これだけの予算しかないから、これだけのことしかできません」という具合ですね。

そして達成目標を低く設定することによって、大抵の場合消化しきれない予算が生じることになります。そこでよく行われるのが、経費の無駄遣いです。
既存の業務と関連があるように見えて、実際には必要のない業務を創造することによって予算を消化するというように、あくまで当初、立案された計画との関連性を偽装する形で無駄遣いが行われるのです。

よくありますよね。年度末が近づいてくると増える道路補修工事なんかはその典型ですよね。

これは予算消化をしないと翌年度から当該予算が削減されるという「予算の単年度消化の原則」の悪弊だったりします。

こういった組織のムダを一般法則として提唱した古典的著作として有名なのが、行政学・経営学の分野で名著として知られている『パーキンソンの法則』という本です。
これはなかなかタメになる本なので、読んだことがないという方は是非とも読んでみてください。

パーキンソンの法則 (至誠堂選書)

C.N.パーキンソン / 至誠堂


ついでに、下記の本もおススメ。

ピーターの法則

ローレンス・J・ピーター / ダイヤモンド社


とりあえず今回は、限られた資源を有効に活用するためには予算先行で考えるのではなく目標設定を先行し、予算を適正に配分するように工夫をすべきではないかということを、企画立案の方法(いちおう組織運営の方法にも関わってきますが)という視点から考えてみました。
[PR]
by mmwsp03f | 2012-04-23 12:29 | 経営・経済事情