まあ思いついたことをつらつらと書き綴っています(写真は奥多摩から見た富士山)。


by M.M@Kanagawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

横浜の地に散った,もののふの物語

NHKの大河ドラマと連動して,歴史館などでは同時代の出来事や人物に焦点を当てた企画展をやったりしますが,横浜市歴史博物館でも大河ドラマ「平清盛」との関連で,平安末期~鎌倉初期に活躍した秩父平氏の武人,畠山重忠を取り上げて企画展を催しています(2012年10月13日~11月25日)。

【関連情報】
特別展 畠山重忠 -横浜・二俣川に散った武蔵武士-(横浜市歴史博物館)
横浜市歴史博物館トップページ

横浜市歴史博物館の場所は,横浜市営地下鉄センター北駅(横浜駅から10駅目,所要時間約23分)から徒歩5~10分程度で,詳細は下の地図をご覧あれ。

もともと埼玉県にかかわりの深い畠山重忠(現在の埼玉県深谷市の生まれ)を,なぜ横浜市の歴史博物館が取り上げるのか?

それは,畠山重忠の最期の地が横浜市旭区の二俣川(現在では,自動車運転免許試験場があることで有名)だったからでしょう。

彼は,鎌倉幕府内の陰謀により謀反の嫌疑をかけられ,虚報によりおびき出された末,少数の手勢(135騎と伝えられている)だけで数万騎の討伐軍と戦い,討死(一説には自害)したそうです。

「吾妻鏡」の伝える135騎に対して討伐軍数万騎というのはかなり大げさで,当時の動員能力から考えればせいぜい数千騎がいいところだと思いますが,数千騎でも多いですよね。
この「数万騎」というのは,畠山重忠の強さに対する北条氏側の評価(恐れ)の表れでもあったのでしょうね。

畠山重忠は,剛力の持ち主で,誠実な人柄のうえにかなりな人格者(さらにイケメン)だったと伝えられていて,それを伝えるエピソードも「平家物語」や「吾妻鏡」を筆頭に様々な文献に記されているそうです。

そのなかでも,彼の剛力と人柄を伝えるエピソードの一つとしてこんなものがあります。

1184年,一の谷の合戦で源義経が「鵯越えの逆落とし」をした際に,畠山重忠は愛馬を背負って崖を駆け下りたという逸話があります。

愛馬を慮ってのこととされていますが,いくら怪力の持ち主(永福寺建立の際に,人足十数人分の材木を担いだと伝えられる)でも,馬が暴れて崖を降りるどころの話じゃないだろうと思うのですが,さすがにこれは眉唾だろうというのが通説らしいです。

これ以外にも,さまざまな文献で彼の剛力・人柄の良さが伝えられています。

私も,今回の横浜市歴史博物館の企画展で畠山重忠という武将について初めて知った次第ですから,詳しいことはわかりませんが,嫉妬と猜疑心に駆られて内輪もめを繰り返し,結果として平氏に後塵を拝し,北条氏に権力を奪われてしまった源氏のお歴々とはえらい違いだなあと思いました。

畠山重忠という人物は,当時の武将としては類まれなキャラクターの持ち主だったということができると思います。

まさしく「もののふ」の名にふさわしい人物と言えるかもしれません。

【畠山重忠関連の情報】
武蔵武士 畠山重忠辞典(川本出土文化財管理センター・深谷市教育委員会)
畠山重忠(Wikipedia)
[PR]
by mmwsp03f | 2012-10-19 11:44 | HP(歴史)