まあ思いついたことをつらつらと書き綴っています(写真は奥多摩から見た富士山)。


by M.M@Kanagawa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
先日,電車で御殿場へ行ってきました。

私にとって御殿場は,これまで箱根や富士五湖などへ行く際の通過点でしかなかったのですが,今回は御殿場を目的地にぶらり一人旅としゃれ込んでみました。

なぜ御殿場かというと,街中から富士山がよく見えるし,JR御殿場線がそこそこローカル色を醸し出していて旅気分を楽しめるからなんですね。

【御殿場市街から眺めた富士山】
d0104959_9505330.jpg

本当は,千葉県南部のJR久留里線とかいすみ鉄道みたいに気動車が通っているひなびた感じの風景を堪能できるところのほうがよかったのですが,平日はフリー切符を販売していないとかで断念。
土日祝なんぞ混雑するのが目に見えているので,平日に行きたかったのにねえ。
そんな風に思っている人って割と多いんじゃないかなあ。それにしてもJRは融通効かないねえ。

それで自宅からそこそこ近いところでローカル色がわりかし強い御殿場線を選んだ次第。

JR御殿場線はJR東海道線の国府津(こうづ)駅と沼津駅を結ぶ単線のローカル線で,行程のおおよそ半分は神奈川県内なんですが,全線JR東海管轄になっており,SuicaもPASMOも使えないので大層不便です。
国鉄から民営化されたJRも,なんだかんだと縦割りですよね。

まあ,ローカル線は不便なものと割り切ってしまえばいいのかもしれませんけどね(電車も1時間に1本しか走ってないし…)。

私は御殿場線松田駅(小田急線新松田駅と接続)から乗り込んで御殿場へ向かいました。
御殿場は松田から6駅目で営業キロ数25.3キロなのですが,到着までおおよそ40分近くかかります。

JR東海道線で東京駅から横浜駅までの営業キロ数は28.8キロなのですが,30分弱で到着します。
走る速度が違うと思うでしょうが,御殿場線の電車は川沿いの溪谷を通るのですが,そんなに大きなカーブもないためか案外飛ばしますよ。

時間がかかる最大の理由は,各駅の停車時間が比較的長いのと,単線なんで上下線のすれ違いの待ち時間があることですかね。
御殿場線は無人駅が多いので,車内精算で時間がかかるとすぐには発車できないってこともあるのかな?

ちなみに松田から御殿場までの間の「東山北・山北・谷峨・駿河小山・足柄」の各駅はすべて駅員が常駐していません。
無人駅っていうと,がぜんローカル色が強くなりますよね(笑)。

d0104959_915545.jpg

これら無人駅の中でも「谷峨」という駅がローカル色の強い,いかにもな駅なんでちょいと途中下車してみました(御殿場からの帰路にですけどね)。

【谷峨駅を出発する下り電車(313系)】
d0104959_955679.jpg国府津行き普通列車

d0104959_975596.jpg沼津行き普通列車
たいてい2両編成(多くて3両編成)で,開ボタンを押してドアを開けて乗降するローカル線なんですが、実は御殿場線には小田急線の特急(ロマンスカー)が乗り入れているんですよね。
新宿から直通で松田駅経由で沼津まで走っています。

【松田駅の分岐線】
d0104959_8513626.jpg右手の線路がJR御殿場線の本線(国府津駅方面)で、分岐して左手に向かって延びている線路が「あさぎり」というロマンスカーの乗り入れてくる小田急線との接続線(本厚木・新宿方面)です。
1日に2~3本しか走っていませんが、この日はたまたまロマンスカーが通過する時刻に谷峨駅に降り立っていたので、60000系MSE(東京メトロ千代田線にも乗り入れている最新型ロマンスカー)が通過する場面にお目にかかれました。

【谷峨駅を通過する小田急線60000形MSE】
d0104959_927889.jpg松田方面から谷峨駅に進入してくる「あさぎり」。

d0104959_9274359.jpg沼津方面へ通過中の「あさぎり」。
キツネ顔の先頭車両に比べて最後尾の車両は絶壁とした感じ。
連写機能のないお安いデジカメで撮ったので,あまりいいアングルで撮れていないのが惜しいところ。
それにしても,最近の特急列車は前後お顔が違うのがトレンドのようですね。何ででしょう?

それにしても,今回は鉄色の強い記事になってしまったなあ。

それでは,御殿場編はまた次の回に…。
[PR]
by mmwsp03f | 2013-04-20 09:45 | 観光