まあ思いついたことをつらつらと書き綴っています(写真は奥多摩から見た富士山)。


by M.M@Kanagawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:江ノ電 ( 2 ) タグの人気記事

観光資源としてのマンガ

漫画家ゆかりの地で「マンガ」を観光資源として活用するというのは,ここ10年ほど流行りのようになっていますね。

それだけ,「マンガ」が文化として日本社会に根付いてきていることを表していると言えます。

有名なところでは,宮城県石巻市の「石巻マンガロード」や島根県境港市の「水木しげるロード」などがありますが,このほど神奈川県下でもそれに類するイベントが繰り広げられています。

1つは,今年の3月9日の『ドラえもん ひみつの博物館』映画公開にあわせて昨年より箱根にて展開されている「映画ドラえもん スタンプラリー攻略の旅」という催し(これは,小田急電鉄グループの仕掛けのようです)

そして,もう1つは,小田急のイベントに対抗するためなのか,それとも便乗なのか,そこいらヘンはちょいとわからないのですが,「江ノ電 沿線展まんが祭り」という催しが3月7日~31日までという短期間で行われています。

【関連情報】
映画ドラえもん スタンプラリー攻略の旅(箱根ナビ)
江ノ電 沿線10(展) まんが祭り(江ノ島電鉄)

箱根のドラえもんイベントは,どうやら映画の「ひみつの博物館」つながりで,箱根の美術館や博物館めぐりや,それに伴う交通機関の利用促進を狙っているようです。

ここでちょっと疑問に思うのが,藤子不二雄ミュージアムがある小田急線向ヶ丘遊園駅が一枚かんでいないってところ。
ちなみに,藤子不二雄ミュージアムは最寄り駅の向ヶ丘遊園駅からバスで15分ぐらいの非常に不便なところにあります(昔,駅名にもなっている向ヶ丘遊園があったところで,今は生田緑地の一角になっています)。

正直,ここの駅は近くに大学(明治大学,専修大学,聖マリアンナ医科大学など)があるから,そこそこもっている町で,いまいち活気がないんですよね。
町の活性化をはかるのであれば,こういうイベントに乗っかるのが普通だと思うんですけどね。

なんででしょう?
そこは大人の事情ってやつがあったりするんですかね。

一方の江ノ電のほうは,「江ノ電鉄道開業110周年・バス開業85周年」事業の一環として,10人の漫画家が参加するイベントとなっていますが,なぜこの10人なのかは明らかではありません。
ただ,うち4人は料理関連のマンガで知られる漫画家さんなんで,食い物関係のアピールも狙っているのかな?

鉄道会社主催のイベントなんで,当然のことながら「車内がギャラリーになります」っていうこともやっていたりします。

ただ,小田急にしろ江ノ電にしろ,一過性のイベントとしてマンガを利用しているだけなのが残念なところ。

こういう扱いでは,マンガを観光資源として活用することは難しいんじゃないかと思います。

「石巻マンガロード」や「水木しげるロード」のように,好きな漫画家のゆかりの地を訪ねるといったプレミア感,いわゆるそこにしかない「ならでは」のものがありません。

つまり,箱根は「ドラえもん」でなくとも他のマンガでもいいわけですし,江ノ電もこの10人の作家以外でも別にかまわないわけです。
特に,江ノ電は開催期間が非常に短いので,企画が浸透する前に「ハイ,終了」となる可能性があり,なんとなく中途半端な感じがしなくもありません。

マンガを観光の呼び物にしたいのであれば,永続性やプレミア感って重要だと思います。

てなわけで,ドラえもんイベントをやるんであれば,藤子不二雄ミュージアムのある向ヶ丘遊園でやりなさいってことで…。
[PR]
by mmwsp03f | 2013-03-09 22:54 | 観光
神奈川県下のローカル鉄道として有名な江ノ電(江ノ島電鉄)が,今年の11月に全線開通100周年をむかえるそうで,同じく開業100周年となる京都の京福電気鉄道嵐山線(通称:嵐電)とのコラボによって100周年記念事業としていろいろな企画を遂行中!


江ノ電と嵐電のイメージキャラクター。左がえのん(江ノ電)で右があらん(嵐電)。
百周年を記念して一般公募により選定されたそうです。
どうやら「江」と「嵐」の字をもとに考案されたキャラクターのようです


しかも,この100周年に便乗して,地元の飲食店では「江 no DON」なるものを販売しているとか。
飲食店だけではなく,地元のセブンイレブンでも地域限定商品として「江 no DON」を販売していたそうな(現在は販売終了しているらしい)。

お定まりの展示会ももちろん開催中(8月31日まで)。

【関連情報】
.江ノ電が100周年記念事業、「歌」皮切りに記念電車やグッズも(カナロコ=神奈川新聞社:2010年1月29日)
江ノ電100周年で盛り上がる“江 no DON”って?(横浜ウォーカー)
祝全線開通100周年!江ノ島電鉄展 開催のお知らせ(江ノ島電鉄)

湘南地区を盛り上げようと地元の人々が協力して,江ノ電全線開通100周年記念事業をバックアップしています。

江ノ電自体が開業したのは1902年で,最初は藤沢―江ノ島間で運行していたのを8年の歳月をかけて鎌倉まで延長したとのことです。

用地買収がかなり難航したであろうことは,市街地の狭い隙間を縫うように線路が走っているのを見れば容易に想像がつきます。
玄関でたら江ノ電の線路が通っているという家もあったりして・・・。
だけど,その狭い中を走る姿がまた味があってよかったりするんですよね。

海岸沿いのルートは,車窓から相模湾が見渡せる絶好のスポット。
鎌倉高校前」駅からの眺めは,湘南通の方には有名なはず。

一方の嵐電のほうはどうかというと,わりと地味目に100年を期に電車の色を紫色に変えましたというようなことをアピールしております。
(ー"ー)んー,そういうことはどうでもいいのですが,もうちょっとなんか面白いイベントはないものかと見てみたところ,ちょっと変わった趣向として「妖怪電車」なるものを走らせるようです。

これはひょっとして水木しげるイヤーにあやかってと思いきや,ずばりその通りのようです。
嵐電のイベント情報サイトでは,「お子様に人気の『化け電(ゲゲゲの鬼太郎ラッピング電車)』が妖怪電車に化けます」などと書かれています。

【関連情報】
嵐電開業100周年(京福電気鉄道)
沿線イベント情報(京福電気鉄道)

わりと大手の鉄道会社だと,自社と取引先企業とで大々的なイベントを打って,派手なことをやったりするものですが,どうも自社で完結してしまって地域ぐるみでの取り組みに発展しない傾向があるように思えます。

江ノ電にしても嵐電にしても地域密着型のローカル鉄道なので,イベントに地元の商店街や企業などが協力し,地域との一体感が生まれやすいのかもしれません。
一鉄道会社の枠を超えて,様々な人々が記念事業に参加して,これを推進するというのはなかなか良いものですよね。

今後,さらに地域との連携の下で,地元の観光の担い手としてがんばってもらいたいものです。
[PR]
by mmwsp03f | 2010-08-14 22:15 | 観光