まあ思いついたことをつらつらと書き綴っています(写真は奥多摩から見た富士山)。


by M.M@Kanagawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:北欧音楽 ( 6 ) タグの人気記事

団員の方からメールで案内をいただいたので、再びオーケストラ・ナデージダの演奏会に行ってまいりました。
今回の演目は以下のとおり。

■第5回演奏会
*アルヴォ・ペルト:ベンジャミン・ブリテンへの追悼歌
*セルゲイ・ボルトキエヴィチ:ピアノ協奏曲第1番変ロ長調Op.16
*クルト・アッテルベリ:交響曲第2番ヘ長調Op.6

【関連情報】
オーケストラ・ナデージダ/Concert Information

一般のクラシック・ファンには縁遠いプログラムですが、その割には今回も結構お客さん入ってましたね。

今回の作曲家の中では、おそらくアルヴォ・ペルトの知名度が一番高いと思いますが、だけど彼の作品を演目の初っ端にもってきたのは失敗だったんじゃないかなあ。

だいたい公演の第1曲目は、その後の演奏に対する聴衆の期待度をアップさせる盛り上げ役みたいなもの。
だから、わりとわかりやすいものや派手な演出の作品が好んで演奏されたりします。

ところが追悼の音楽で、ずどーんと沈みがちなうえ、ペルトの音楽は決してわかりやすいとはいえない部類に入るもんだから、コンサートの盛り上げ役にはなれないんですよね。

演奏後のお客さんの反応は、イマ3ぐらいなもんでした。

続くボルトキエヴィッチのピアノ協奏曲ですが、まあ確かに派手なんだけど、曲のつくりはお世辞にも良いとは言えない作品。

ピアノ・パートは聴き所があり、独奏者の石岡千弘さんのピアノもすばらしかったので、それなりに楽しめたのですが、いかんせんオケのパートがあまりよろしくない。

誤解のないように申し上げておきますが、オケが悪いといっているのではなくボルトキエヴィッチの作品自体に問題アリ!ということです。

バックを担当するオケ・パートが添え物的な扱いの作品というのは、ショパンに代表されるピアニスト作曲家にありがちな傾向ですが、ボルトキエヴィッチの場合は添え物的な割には派手な演出を盛り込んでいるので、かなり違和感のある素っ頓狂なオーケストレーションになっているんですよね。

特におかしかったのが第3楽章。
民謡風の旋律がメインテーマになっているのですが、途中で全く異質なフレーズが全体を支配し、突如としてメインテーマが復活したりと一貫性のない展開でなんとなく支離滅裂な印象…。

しかも、1~2楽章のフレーズとは明らかに違う能天気なフレーズに違和感炸裂!
オケの皆さんは、この曲にはかなり苦労させられたんじゃないかなあと思ったり…。

それでも所々で、「なかなかイイんじゃない? これ」というフレーズも聴けたし、石岡さんのピアノがすばらしかったので、そこそこ楽しめました。

さて、この日のトリとなったアッテルベリの交響曲第2番。
私、今日の演奏を聴くまで、この曲がこれほどの難曲だとは思ってもみませんでした。

まずテンポどりがうまくできないとカオス状態は必定という難度の高さ。
最初のホルンによるソロが余韻を残さずに音を切り気味吹いていたせいか、テンポが幾分前のめりになっていたようです。

そこで第1楽章は少々不安定な状態でしたが、崩壊することもなく終了。
この楽章は雄大で鷹揚な感じで、少しゆったりと音をためて演奏したほうがうまくいくように思います。
音を余韻を残さずに切り気味に演奏すると、どうしてもテンポが若干アップしてしまい、テンポ取りが難しくなりフレーズのつながりも悪くなってしまうので、下手するとガタガタになるという危険に直面してしまいます。

往年のスウェーデンの名指揮者スティグ・ヴィステリベリがスウェーデン放送交響楽団と録音した演奏を聴くと、テンポ取りとフレーズの継ぎ目をしっかりと意識することが、この曲を演奏する上で重要だということがわかります。

Atterberg: Symphony no 2, Suite no 3 / Stig Westerberg, etc
Swedish Radio Symphony Orchestra , Westerberg, Stig
(TOWER RECORD Online)



Adagioで始まる第2楽章からは、テンポがゆっくり目になったためか持ち直して、幾分余裕が出てきたようです。

そして第2楽章のコーダ。
ここで、オーケストラに突如火がつきます。

続く第3楽章でオーケストラ・ナデージダの本領発揮といった感がありました。
ある瞬間から化けるところがアマ・オケの面白いところです。
第2楽章のコーダから第3楽章にかけて、私は目頭が熱くなりましたよ。本当に…。

前回のピアノ協奏曲の時のこともあり、ひょっとしてこのオケはアッテルベリ苦手なんじゃないかと思ったりしたのですが、その思いを払拭する演奏だったと思います。

本来終楽章として想定されていたため非常に壮大な終わり方をする第2楽章に続く第3楽章は、さらに輪をかけてスケールの大きい、さらには取って付けた感満載の音楽となっています(笑。

この第3楽章をノリノリ(死語)で演奏し終えた団員の皆さんの表情は硬かった(特にヴィオラトップのナタリヤさん)のですが、あれだけのエネルギッシュな作品を演奏し終えたのに、それほど疲れた表情をしていませんでしたね。

そして、前回ではなかったアンコールが演奏されました。

シベリウスの音詩「春の歌」

この曲がなかなか良かった。
今回の演奏会の中では、一番わかりやすく叙情性に富んだ名品。
演奏も良かったですよ。もうちょっとゆっくり目でも良かったと思いますが。

どうせなら、この曲をプログラムの初っ端に持ってきたらよかったのに…。
[PR]
by mmwsp03f | 2011-02-26 22:25 | HP(クラシック)

1年生オケの妙演

去る9月20日に初公演を行ったオーケストラ・エクセルシスの演奏を聴いてまいりました。

正直,今回初公演のアマ・オケの実力がここまでとは思ってもみませんでした。
良い意味で予想を大きく裏切られたといった感じです。

今回の公演は先の記事でもご紹介したように,スウェーデンの作曲家ステンハンマルの作品だけを演目としたオール・ステンハンマル・プログラムでした。

・序曲「エクセルシオール!」 作品13
・ピアノ協奏曲第2番 ニ短調 作品23
・交響曲第1番 ヘ長調

プログラムの初っ端の「エクセルシオール!」は,普通のアマオケではなかなか弾きこなせない難曲なのですが,それを見事に弾ききっていました。

これを大きなミスもなく弾ききったことで,その後の演奏は非常に安心して聴くことができました。

2曲目のピアノ協奏曲第2番もすこぶる良い演奏で,ソリストの和田記代さんのピアノもすばらしかった!
この曲に対する思い入れが,演奏にも良く現れていました。
特に,ピアノ・ソロで演奏されるカデンツァがすばらしく,丁寧なタッチで情感を持って弾いてらっしゃいました(プログラム冊子には「カデンツァらしいカデンツァ」はないと書かれていましたが,第3楽章にしっかりとあります)。

この和田記代さんというピアニストは,「ステーンハンマル友の会」という団体の主催者で,積極的にこの作曲家の作品を紹介されているようです。
和田さんは本当にステンハンマルが好きなんだなあということが,演奏からもうかがい知ることができました。
次回は,ぜひともピアノ協奏曲第1番を同じ組み合わせで弾いてもらいたいものです。

さて,6本のホルンによるブルックナー的なコラール風の旋律から始まる交響曲1番ですが,このホルンで奏でられる旋律が曲全体を支配する動機となります。
これを失敗すると目も当てられないのですが,ホルン奏者の一団はこれをうまいこと纏め上げて大役を果たしていました。

このオケは,金管・木管ともにうまい奏者がそろっています。
木管は特に二枚リード組(オーボエ・コールアングレ・バスーン)が粒ぞろいでした。

ちなみに,ティンパニを叩いていた人は私の知り合いで,先に公演を行ったオーケストラ・ナデージダにも参加していました。
最近はどうかわかりませんが,以前ショスタコーヴィチ専門のアマ・オケであるダスヴィダーニャ・オーケストラにも出演していました。
もう引っ張りだこですね。
ご本人も,ロシア・北欧モノ大好きですから,本望だとは思いますが。

それにしても,これだけの実力ある奏者がそろっているアマ・オケはなかなかないのではと思います(ダスヴィダーニャ・オケもかなり実力の高いオケですが・・・)。

ただ,第4楽章でテンポ取りをまちがえてちょっと崩れかかったのですが,それでもきっちり持ち直していました(セカンド・ヴァイオリンがちょっと危うかった)。

またまた,楽しみなオケが増えました。
今後の活動に期待しつつ,エングルンド(フィンランド)とか,トゥビン(エストニア)とかもやってほしいなあと思ったりして。

第2回の演目予定は,ポーランドの作曲家カルウォヴィチの交響曲「復活」だそうです。
私も知らんぞ。
どんな曲だか楽しみです。


【関連情報】
オーケストラ《エクセルシス》~知られざる作品に光を当てるオーケストラ~(公式ブログ)
オーケストラ《エクセルシス》第1回演奏会情報(オケ専♪)
ステーンハンマル友の会
ピアニスト・和田記代のページ
[PR]
by mmwsp03f | 2010-09-21 22:25 | HP(クラシック)

アマオケの実力

先日(9月4日)に狛江エコルマホールで行われたオーケストラ・ナデージダ第4回公演に行ってまいりました。

そこで初っ端に,今回の公演の感想。

感動した!(最後の曲だけ)

最後の曲というのは,ベアセンの交響曲第1番。
今回のコンサートで感じたのは,この曲だけ半端なく力入れているということ。
恐らくベアセンに最も練習時間を費やし,オケの団員の皆さんもこの1曲に賭けていたという感じ。

特に第2楽章は本当に感動ものでしたよ。
悲劇的で憂愁をたたえた感情の発露とでもいった美しい調べには,心打たれました。
恐らく最もてこずったであろう第3楽章もアンサンブルが崩れることなく,多少コミカルなエッセンスを含むバレエ音楽調の曲をうまいこと仕上げていました。

いやあ,本当にプロオケ並み充実した演奏でしたよ。
ベアセンだけは……。

今回の公演でアッテルベリのピアノ協奏曲は期待していたのですが,残念な結果に…。

まず目立ったのが練習不足とソリストとの壁。
ところどころテンポが乱れる場面があったり,金管楽器が他の楽器との音量のバランスを見失ってしまうところもありました。
トランペットが少々素っ頓狂に鳴らす傾向があったので,眉にしわがよってしまうことが…。

実は,アマオケの実力を測る一番のポイントは金管奏者だったりします。
中でもホルンは技量の良し悪しがもっともよく表れます。

ベアセンを聴く限りでは,オーケストラ・ナデージダの奏者は総じてアマオケの中ではレベルが高い方だと思います。
しかし,いかんせん練習不足がたたったのか,アッテルベリに関しては奏者に余裕がなかったようです。

それにアマオケにとって最も難関なのは,実は協奏曲
特に,アッテルベリのピアノ協奏曲は一般によく知られたピアノ協奏曲とは違い,ピアノとオーケストラの闘争の場とでもいえるほどオケが我を主張する曲なので,ピアノとの音量のバランスには絶えず注意しなければなりません。

奏者に余裕がないと,周りの楽器とのバランスを意識することが難しくなり,とにかくミスをしないようにと集中するあまり,アンサンブルが乱れることになったりします。

私の持論ですが,プロオケとアマオケの決定的な違いは,周囲とのバランスを意識して演奏できるかどうか,つまりアンサンブルにあると思います。
アンサンブルがキッチリしていないと,曲の造詣がぼやけてしまい,結局どういう曲なのかが聴衆にはわからなくなります。
残念ながら,今回アッテルベリを初めて聴いた人には,どういう曲だったのか正直わからなかったのではないかと思います。

残念なのは,ソリストも同じ。
ミスタッチが目立ち,初めて聴く人にも「あっ! ココごまかした」というのがわかるようなぎこちなさがありました。
たぶんソリストも練習不足で,オケと合わせる時間もほとんどとっていなかったこともあるのでしょうね。
ソリストとオケとの間の連携が見られない,いうなればオケとの間に「壁」があるかのような印象を持ちました。

タッチが不安定になるのにもかかわらず,3楽章冒頭のピアノ・ソロで早すぎるテンポで弾き始めたのには驚きましたが,早いところ終わらせたかったのかな?
このとき,「えっ!こんなに飛ばすのか?」とオケのメンバーに動揺が走った気配を感じました(気のせい?)。
持ちこたえて総崩れにはなりませんでしたが,案の定アンサンブルは不安定になりました。

ただでさえプロでも難しい協奏曲をやろうというのであれば,ちゃんと練習時間をとって,ソリストとも意思疎通を図るようにしたほうがよいのではないかと思った次第。

かなり言いたい放題でしたが,オーケストラ・ナデージダは良いオーケストラだと思います。
ベアセンの交響曲第1番を聴いても,それは間違いないと思います。

しかし力の配分にムラがあるというんですかね。
もうちょっと演奏曲目全体に均等に力が行き渡るように練習をしてもらいたいなあと思ったりしました。

次回の公演も期待しております!
[PR]
by mmwsp03f | 2010-09-06 12:53 | HP(クラシック)
自分のブログ記事を改めて眺めてみると,まあ長い長い…。

よくまあ,こんなにつらつらと書き綴っているものだと,このブログをご覧の皆さんは思っているんだろうなあ…。
ブログはじめたばかりで,あんまり飛ばしていると息切れする可能性も否定できませんね。
と,いったところで,今日はいつもよりは短縮バージョンでいきましょう。

本日の話題は,「スウェーデンのモーツァルト」と呼ばれているらしきヨーゼフ・マルティン・クラウスという作曲家についてです。
「スウェーデンのモーツァルト」という異名を得ているだけあって,作風が似ています。

私はクラウスのCDを2枚(共にNAXOS盤)しかもっていないのですが,そのうちの1枚はすべて短調の作品を収めた作品集。

クラウス:交響曲集 第3集

スンドクヴィスト / Naxos

ペッテル・スンドクヴィスト指揮スウェーデン室内管弦楽団

・交響曲嬰ハ短調VB140
・交響曲ハ短調VB148
・序曲ニ短調VB147
・交響曲ホ短調VB141

スコア:


短調ばかりだから暗めの曲ばかりかというとさにあらず。
1曲目は,まさしくモーツァルト的。しかし,少々違和感が…。
それはどうやら,モーツァルトが好んで用いなかったという嬰ハ短調という調性による曲だからかもしれません(マーラーの交響曲第5番が嬰ハ短調ですが,この調性はかなり悲劇性を帯びる調性のようです)。
だけど,最終楽章なんかはわりと快活でいい感じでした。

2曲目の交響曲ハ短調は,葬送交響曲と呼ばれるだけあって暗いです。
暗殺されたスウェーデン国王グスタフ3世の死を悼んで作曲されたそうで,初っ端からドラムがドロドロと静かに奏でられる葬送行進曲風の旋律が流れてきます。
全曲を通じて暗いけれど,暗さに徹し切れていないという感が無きにしも非ず。
まあ,あんまりどよ~んとした作風よりはいいでしょう。

このアルバムは,全体的にはやはり暗めですかね。
もうちょっと明るめなほうが良いというのであれば,こちらをお勧め。

クラウス:交響曲集 4

スンドクヴィスト / Naxos


モーツァルト好きの方であれば,恐らくクラウスは気に入ることでしょう。
ちょっとしたBGMとしても良いのではないかと思います。

それほど難しい奏法を用いた作品というわけでもなく,交響曲とはいっても短め曲ばかりですし,重すぎもせず軽すぎもせず,プログラムの中間に箸休め的に演奏してもよいのではないかと思います。

アマオケで,チャレンジしてみようという方は是非,演奏してみてください。

【独白】
短めにとかいいながら,結構長めになっちまった…(チッ
[PR]
by mmwsp03f | 2010-05-11 19:46 | HP(クラシック)
ブログをはじめて1ヶ月弱(excite!ブログに引っ越して約半月)になりますが,その間に2つのアマオケの団員さんから演奏会の案内のメールを頂戴しました。

これもブログ効果!?

先にオーケストラ・ナデージダをご紹介いたしましたが,今回はオーケストラ・エクセルシスという今年9月に初公演を行う1年生オケです。

9月20日(月・祝)に第1回公演を控えたオーケストラ・エクセルシスは,団員の方のメールによれば「北欧に限らず各国の珍曲、秘曲を演奏していきます」とのことで,日本ではあまり知られていない名曲の数々を演奏していくそうです。

その記念すべき第1回目の演目は以下の通りです。

【オール・ステンハンマル・プログラム】
 ヴィルヘルム・ステンハンマル
 ・序曲「エクセルシオール!」 作品13
 ・ピアノ協奏曲第2番 ニ短調 作品23
 ・交響曲第1番 ヘ長調


ヴィルヘルム・ステンハンマルはスウェーデンの作曲家です。
グリーグ(ノルウェー)やシベリウス(フィンランド)に比べると,日本ではあまり知られていませんが,彼らと並んで北欧を代表する作曲家の一人です。

ステンハンマルって,どんな人? どんな曲を作曲しているの? と思われている方は,下記のサイトをご覧あれ。

NORDIC FOREST―北欧のクラシック音楽

小林さんという方が運営されているサイトで,恐らく日本のステンハンマル・ファンの筆頭に上げられる人物だと思います。

このサイトでは,北欧全般(ノルウェー・デンマーク・スウェーデン・フィンランド・アイスランド・バルト三国等)を扱っており,かなり詳細な作品(CD)のレヴューや代表的な作曲家のプロフィール等の参考になる情報が目白押しです。

これら北欧の中でも,スウェーデンのステンハンマル,アルヴェーン,アッテルベリなどの作曲家の紹介に力を入れていらっしゃいます。

さて話は元に戻りますが,このオーケストラはその名前からみて,ステンハンマルを演奏したいという動機から結成されたようです。

なぜかって? 
それは,初回の公演がオール・ステンハンマル・プロであることと,オケの名称と公演1曲目を見比べてみればわかります。

ひょっとしたら邪推だと団員の方から言われるかもしれませんが,少なくともそのように思える…ということで…(ナニ

マイナー・クラシック音楽普及・振興同盟の盟主(同盟といいながら実質1人?)としては,このように,マイナーでもすばらしい作品を世に紹介しようという気概の団体が増えてくれることは,非常にうれしい!

これからも,このような団体の活動を応援してゆきたいと思います。

ところで,公演を聴きに行こうかなと思われた御仁の中で,ステンハンマルを予習しておこうかという方には下記のCDをご紹介。

ステンハンマル:交響曲 第1番、2番、セレナーデ (3CD)

ネーメ・ヤルヴィ(指揮)マルメSO / Bis

ネーメ・ヤルヴィによる1回目のステンハンマル交響曲全集



実は,私このCD持ってません( ̄▽ ̄;;A
私が持っているのはネーメ・ヤルヴィがDG(ドイッチェ・グラモフォン)に入れた2回目の録音の盤で,アマゾンでは取り扱っていないようです。
どうやら絶版になっているようで,もしDG盤をお求めの場合はCDショップをはしごして探さないといけないかもしれません。

ということで,9月に北欧の風を感じつつ,皆さんも芸術の秋を楽しんではいかが…
[PR]
by mmwsp03f | 2010-05-01 10:01 | HP(クラシック)
私は,日本ではあまり知られていないマイナーなクラシック音楽を紹介するサイトを運営しております(とはいえ,ここのところずーっと更新サボりまくりですが)。

M.M's Classical Music Garden」というサイトなのですが,そこに時々迷い込まれた(?)方から,こんな珍しい曲を演奏しますのでぜひ来てくださいというメールをいただくことがあります。

今回は,タイトルにあります「オーケストラ・ナデージダ」というアマオケの団員さんから,日本では演奏される機会がこれまで一度としてなかった曲(つまり日本初演ですね)を演奏しますというお知らせをいただきました。

その演奏会を告知しているサイトが,「↓」です。

オーケストラ・ナデージダ,演奏会(第4回)のご案内

それで曲目なんですが,なんと!!!! 北欧のクラシック音楽ファン垂涎の的とも言うべき曲が…。

【公演曲目】
・アッテルベリ:ピアノ協奏曲 変ロ短調 作品37
・スヴィリードフ:音楽イラストレイション「吹雪」より ワルツ
・レヴィチン:オーボエ協奏曲 作品50
・ベアセン:交響曲 第1番 ハ短調 作品3

北欧クラシック音楽の愛好家であれば,一度は聴いたことがあるアッテルベリが~~(興奮を抑えきれない)。
この人の作品はヨーロッパで大人気で,ステンハンマル・アルヴェーンと並ぶ人気者です(日本でも好きな人結構います)。
アッテルベリは北欧的な透明なイメージとは異なり,かなり濃厚なロマンティシズムと歌謡性が並存した作風が特色で,一度聴いたらはまる人ははまります。
ちなみに,今回の演目にあるピアノ協奏曲はCPOというレーベルからCDが発売されています。

Rhapsody for Piano and Orchestra, op. 1
Concerto for Piano and orchestra, op. 37
Ballad and Passacaglia, Op. 38

Love Derwinger (Piano)
Ari Rasilainen / Radio-Philharmonie Hannover des NDR


ラシライネンという指揮者は,アッテルベリの交響曲全集(全9曲)をCPOから出しています。
気になったら聴いてみてくださいよ。初っ端から全開で飛ばしてます(笑。普通のピアノ協奏曲とはぜんぜん違いますよ。なんといっても音の厚みが…。

スヴィリドフの「吹雪」もやるのですね。レヴィチンなんて私も知らん! だけど,こういう未知の作曲家の作品を聴くのは,ちょっとわくわくしますね。
それにしても,見事にメジャー路線を排除した潔さ。プロオケだったらこうはいかないだろうなあ。

レヴィチンもそうですが,まさかベアセンが演奏されるとは…。この作曲家の作品は,日本で演奏されることはなかろうと思っていたのですが,アマオケパワー侮りがたし。

ちなみに,どんな曲かは私のサイトで紹介していますので,とりあえずご覧あれ。

今日の一枚(第11回) ハーコン・ベアセン:交響曲第1番

ちなみに,CDはこれ。

Symphony No.1 in C minor Op.3
Serenade for Horn, Strings and Timpani
Nordic Folk Tunes for Strings Orchestra

Ole Schmidt / Rundfunk-Sinfonieorchester Saarbrücken
Xiao-Ming Han(horn)


このオーケストラ・ナデージダなのですが,ロシア・北欧のマイナーながらも魅力的な作品を積極的に紹介しようというコンセプトの元で,2008年に発足したという若いオケなんですね。
団員の中にはかなりすごい演奏家もいるようで,ロシア人のプロまで参加しているという本格派のようです。

しかし,過去の演奏会のプログラムを見てもすごい曲ばかりを取り上げています。第5回では,アッテルベリの交響曲第2番を取り上げるとのことで,これも楽しみです。

まずは,9月4日(土)の第4回公演を楽しみにしましょう。
ちなみに会場は,小田急線狛江駅(成城学園前駅より各駅停車で2駅目)前の狛江エコルマホールというところだそうです。

いいかげん,耳にたこができるほど聴きなれた作曲家の作品に食傷気味の方,ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。
[PR]
by mmwsp03f | 2010-04-23 22:29 | HP(クラシック)