まあ思いついたことをつらつらと書き綴っています(写真は奥多摩から見た富士山)。


by M.M@Kanagawa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:デイリー4コマ ( 3 ) タグの人気記事

デイリー4コマ終了

毎日楽しみにしていた4コマ・サイトがとうとう終焉を迎えるようです。

08月12日にアップされたlivedoorデイリー4コマ編集部のブログ記事に「2011年8月末をもって更新を停止させていただくことになりました」との記載があり、約7年の歴史にとうとう終止符が打たれることになってしまいました。

【関連情報】
こちら デイリー4コマ編集部:デイリー4コマ更新停止のお知らせ(デイリー4コマ編集部ブログ)
livedoorデイリー4コマ(livedoorコンテンツ)

なぜ急に止めることになってしまったのかは明らかにされていませんが、「それは大人の事情ってことで察してね」という雰囲気が編集部のブログ記事に漂っています。

やはり、このようなお知らせに、ユーザー、作家、Y-1グランプリの挑戦者などなど、いろいろな方々がブログだけでなくツィッター等のSNSで終了を惜しむコメントを書き込んでいます。

デイリー4コマで「無責任魔法少女マホ」という漫画を連載しているかまだいつきさんもツィッターで「デイリー終了のアナウンスが出ましたな。マホもあと一話です。ただただ残念」とのコメント。

かまださんはデイリー4コマ1本で連載をやってこられたそうで、その分デイリーへの思い入れもひとしおなんでしょうね(単発で商業誌に作品を掲載していたことはあるようです)。

それにデイリーの作家さんたちは、わりかし連帯感があって、度々飲み会を催したり4コマ同人誌を作ったりと、いろいろなことに協力して取り組むという特徴がありました。
なかなかフレンドリーで、ギスギスしたところがないというのもデイリーの作家さんたちの特徴だったのではないかと思います。

私にとってのデイリー4コマは、4コマ漫画の楽しさを再認識させてくれただけではなく、いろいろな作家さんたちと知り合う機会を提供してくれた場でもありました。

これまでにお知り合いになれた作家のみなさんとは、時々ツィッターで対話をしたりするんですが、なかなか面白い方々ばかりです。

先にご登場のかまださんはウィットに富んだ方ですし、くりきまるさんは濫読家でなかなか博識であったりします。
鈴木雄一郎(日路)さんは、「良い話ばかりを描いているのは偏った発想の持ち主」との意見を披瀝され、なるほどなあと感心したことがあります。
川村りばーさんとは、時々料理とか日常のたわいのない話を交わしたりしています。

このような作家さんたちの作品を見る機会が減ってしまうというのは本当に残念でなりません。
それに作家さんとユーザーとの交流の場でもあったんですけどね。デイリー4コマって・・・。

これで一つ、日々の楽しみが失われてしまうのは寂しい限りです。
[PR]
by mmwsp03f | 2011-08-22 01:03 | 日々雑感
世間的には七夕だそうですが,私,そういう行事とか記念にはとんと疎い人でございます。

7月7日で思い浮かべることといえば,オーストリアの作曲家グスタフ・マーラーの誕生日っていう程度(生誕年は1860年,今年生誕150周年)。

他にもWikipediaをみてみると,カルピス発売開始(1919),盧溝橋事件(1938),サイパン島での日本軍玉砕(1944)などがあって,7月7日はいろいろあったんだなと思ったり…。
7月7日以外もいろいろなことはあったんですけどね。もちろん…。

さて,本日新たな出来事をlivedoorデイリー4コマでご活躍中の漫画家くりきまるさんのツィッターでのつぶやきから知ることになりました。

それが,これ。

日刊漫画サーチフィールド


livedoorのデイリー4コマの新コンテンツとして登場とのこと。
どうやら,アマチュア漫画家やイラストレーターの新しい登竜門として設けられたコンテンツのようです。

プロを目指してがんばっている方々や,仕事を求めているプロの漫画家やイラストレーターにとって,このようなコンテンツが増えることは良いことだと思います。

しかし,いまいちコンセプトがはっきりしないんですよね。
いま,デイリー4コマには,以下のようなコンテンツがありますが,これに加えて新たにコンテンツを立ち上げるのであれば,やはりコンセプトは明確にした方がいいと思いますね。

デイリー4コマ(メイン・コンテンツ)
デイリー4コマ2nd(Y-1での受賞者がプロとして作品を掲載するメイン・コンテンツの一つ)
Y-1グランプリ(読者投票によってアマチュア投稿作品の優勝を決めるコンテンツ)
まんがライフWIN(竹書房の漫画コンテンツ)
まんがタイムWAVE(芳文社の漫画コンテンツ)

上の3つがlivedoorのオリジナル・コンテンツってところでしょう。
「日刊漫画サーチフィールド」は,商業誌によるコンテンツである「まんがライフWIN」や「まんがタイムWAVE」と同様の位置づけのようです。
要するに,livedoorが大家で,これらコンテンツ主が店子ってことですね。

コンテンツが増えて内容が充実するのであれば言うことナシですが,思うにもう少し整理をしてほしい。
もっと見やすく,個々の作家の作品をよりわかりやすく配置する工夫をしていただきたいものです。

一読者としては,新コンテンツにはコンセプトの明確化とわかりやすい配置を心がけてほしいと思いました。

今後の展開を期待したいと思います。
[PR]
by mmwsp03f | 2010-07-07 22:14 | 日々雑感

本日の笑いの素

以前,livedoorのデーリー4コマについて投稿しましたが,今回もなかなか秀逸な作品が…。

*************************************
週刊デイリー4コマY-1グランプリ vol.161
挑戦作品
ピテカンハイスクール
作: SUGIP 挑戦者
*************************************

3コマ目を見た瞬間にふきだしました。(*^_^*)

いやあ,こういうの好きですよ。

この作者の方にはがんばっていただきたいものです。
いままで,あまりぱっとしない作品が多かったのですが,最近は笑いのつぼを押さえた作品をちょくちょく発表されています。

ところで,最近Y-1常連だったりばーさんの投稿を見かけなくなったのですが,現在新キャラを構想中のご様子ですので,復活を楽しみに待ちたいと思っています。

それまでは「りばーさいどすていしょん」のほうで,定期更新される4コマだけでガマンしなくては…。
[PR]
by mmwsp03f | 2010-04-28 17:26 | 日々雑感