まあ思いついたことをつらつらと書き綴っています(写真は奥多摩から見た富士山)。


by M.M@Kanagawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

観光資源としてのマンガ

漫画家ゆかりの地で「マンガ」を観光資源として活用するというのは,ここ10年ほど流行りのようになっていますね。

それだけ,「マンガ」が文化として日本社会に根付いてきていることを表していると言えます。

有名なところでは,宮城県石巻市の「石巻マンガロード」や島根県境港市の「水木しげるロード」などがありますが,このほど神奈川県下でもそれに類するイベントが繰り広げられています。

1つは,今年の3月9日の『ドラえもん ひみつの博物館』映画公開にあわせて昨年より箱根にて展開されている「映画ドラえもん スタンプラリー攻略の旅」という催し(これは,小田急電鉄グループの仕掛けのようです)

そして,もう1つは,小田急のイベントに対抗するためなのか,それとも便乗なのか,そこいらヘンはちょいとわからないのですが,「江ノ電 沿線展まんが祭り」という催しが3月7日~31日までという短期間で行われています。

【関連情報】
映画ドラえもん スタンプラリー攻略の旅(箱根ナビ)
江ノ電 沿線10(展) まんが祭り(江ノ島電鉄)

箱根のドラえもんイベントは,どうやら映画の「ひみつの博物館」つながりで,箱根の美術館や博物館めぐりや,それに伴う交通機関の利用促進を狙っているようです。

ここでちょっと疑問に思うのが,藤子不二雄ミュージアムがある小田急線向ヶ丘遊園駅が一枚かんでいないってところ。
ちなみに,藤子不二雄ミュージアムは最寄り駅の向ヶ丘遊園駅からバスで15分ぐらいの非常に不便なところにあります(昔,駅名にもなっている向ヶ丘遊園があったところで,今は生田緑地の一角になっています)。

正直,ここの駅は近くに大学(明治大学,専修大学,聖マリアンナ医科大学など)があるから,そこそこもっている町で,いまいち活気がないんですよね。
町の活性化をはかるのであれば,こういうイベントに乗っかるのが普通だと思うんですけどね。

なんででしょう?
そこは大人の事情ってやつがあったりするんですかね。

一方の江ノ電のほうは,「江ノ電鉄道開業110周年・バス開業85周年」事業の一環として,10人の漫画家が参加するイベントとなっていますが,なぜこの10人なのかは明らかではありません。
ただ,うち4人は料理関連のマンガで知られる漫画家さんなんで,食い物関係のアピールも狙っているのかな?

鉄道会社主催のイベントなんで,当然のことながら「車内がギャラリーになります」っていうこともやっていたりします。

ただ,小田急にしろ江ノ電にしろ,一過性のイベントとしてマンガを利用しているだけなのが残念なところ。

こういう扱いでは,マンガを観光資源として活用することは難しいんじゃないかと思います。

「石巻マンガロード」や「水木しげるロード」のように,好きな漫画家のゆかりの地を訪ねるといったプレミア感,いわゆるそこにしかない「ならでは」のものがありません。

つまり,箱根は「ドラえもん」でなくとも他のマンガでもいいわけですし,江ノ電もこの10人の作家以外でも別にかまわないわけです。
特に,江ノ電は開催期間が非常に短いので,企画が浸透する前に「ハイ,終了」となる可能性があり,なんとなく中途半端な感じがしなくもありません。

マンガを観光の呼び物にしたいのであれば,永続性やプレミア感って重要だと思います。

てなわけで,ドラえもんイベントをやるんであれば,藤子不二雄ミュージアムのある向ヶ丘遊園でやりなさいってことで…。
[PR]
# by mmwsp03f | 2013-03-09 22:54 | 観光
いじめ問題とともに,教師による生徒の体罰問題が大きくクローズアップされています。

皆さんもご存じの大阪市立桜宮高校におけるバスケット部主将の自殺をめぐる騒動です。

今回,橋下大阪市長の要求に応じる形で体罰問題への決着として,市立桜宮高校体育科の2013年度入試中止と体育科受験希望者に対する普通科への振り分けが決定されましたが,なんら解決になっていません。

それどころか,問題の本質から脱線して,単なる市長と市教育委員会との政治的駆け引きが展開されているだけで,体罰が慣例化している教育現場の改善に全く寄与していません。

入試を中止して教員を総入れ替えすれば問題は解決するのですか?

当然,答えは否。

こういう極端な主張は,問題の本質をとらえようとせずに手っ取り早く後始末をつけ,自らの実績とする単純思考のなせる業と言えます。

私が考えるに,体育科入試中止,教員総入れ替え(できなきゃ廃校)といった強硬な主張は,決して自殺した生徒の遺族や桜宮高校の生徒たちを慮ってのことではなく,この件を処置をめぐって体罰教師や高校側の措置に批判的な人々の矛先が自らに向かないようするための自衛的措置,つまり「逃げ」でしかありません。

結果として,この問題でいちばん不利益を被っているのは,他ならぬ桜宮高校体育科を志望する受験生や在校生です。

その彼らが,市長と教育委員会の措置に対して異論を唱えているわけですが,その声に聴く耳を持っていません。

このことからも,体罰問題に対して真摯に向き合っていないさまが見て取れます。

そして,教育評論家の尾木直樹氏が自らのブログで,桜宮高校の生徒が行った記者会見に,何者かによって仕組まれたことではないか?と異論を唱えたことで,そのことに対する批判が沸き起こってきています。
会見した女子生徒は「先生をかばうために会見したわけではない。自分たちが学校を大切に思っていることや、学校の良い部分も知ってほしかっただけ。私たち子どもは、何を言ってもだめなのかと失望した」という。

 女子生徒は「入試や部活を中止することは、亡くなった生徒を悼むこととは違うはずだ」と訴える。「体育科があるから体罰があるかのように言われているけれど、違うはず。桜宮だけの問題にしてほしくない」と考えている。
(産経ニュースwest: 2013.1.24)

尾木氏のブログでの見解は,単なる憶測によるものでしかなく,生徒の側の意見の一つとして取り上げていないことに大きな問題があります。

そのことに対する会見を行った生徒の主張は,尾木氏の主張と比べて論理的にも正しいと考えられます。
つまり,尾木氏の主張は「決めつけ」でしかありません。
尾木氏は,生徒が「決めつけ」を嫌うと知っていたはずなのに,また,「決めつけ」が思い込みによる予断であることことを知っていたはずなのに,このような主張をしていることは非常に残念なことです。

【関連情報】
「友達を失い、部活を失い、先生まで失ってしまう。本当につらい」 桜宮高在校生ら(産経ニュースwest)
「誰が仕組んだのかしら?」尾木ママのブログに女子生徒が反論(産経ニュースwest)
何か変!?(オギ☆ブロ-尾木直樹オフィシャルブログ)

今回の体罰問題の処理における問題点は,この生徒の主張に集約されていると言えます。

「入試や部活を中止することは、亡くなった生徒を悼むこととは違う」
「体育科があるから体罰があるかのように言われているけれど、違うはず」


まさしく,彼女の言う通りです。

入試や部活を中止したからと言って学校での体罰はなくなりませんし,体育科以外の学科で体罰がないかと言えば,まったくそんなことはありません。

もちろん,これは桜宮高校だけの問題ではありません。

桜宮高校の教員全員が体罰を積極的に容認していたわけでもありません。

問題の本質は,体罰を行っていた教師自身,さらに彼のような指導者を生み出した教育システムにあるはずです。

そのことを見据えることもなく,体育科の入試中止とか教員総入れ替えだとかで決着をつけようという安易な形だけの解決が,問題を先送りにするだけでなく本質から遠ざける結果となることでしょう。

何よりも,当事者である在校生や受験生の声を全く無視しているという時点で,非民主的であると言わざるを得ません。

民主的教育を標榜する日本の学校教育において,このような非民主的決断がなされているということが,体罰問題にも大きくかかわっていると考えられます。
[PR]
# by mmwsp03f | 2013-01-27 10:18 | 教育
石老山山頂を出発するとすぐに長い階段の下り道になり,途中に「大明神展望台」方面と「篠原」方面を示す標識がありますが,今回は「大明神展望台」に向かって進んでいくことにしました。

しばらくはアップダウンが続く道をたどっていきますが,大してキツイ坂道ではありませんので,散歩のつもりでゆるゆると展望台まで歩くとよいと思います。

ゆっくり歩いても30分ぐらいで展望台につくはずです。

道すがら,繁みの間から石老山の向かい側にある「プレジャー・フォレスト」(旧名:相模湖ピクニックランド)というテーマパークが見えます。

【相模湖リゾート プレジャー・フォレスト】
d0104959_940957.jpg

山間から眺めてみると,ランドマークになっている観覧車以外はあまり目立ったものがないなあという印象。
なんとなく,だだっ広いところにポツンと観覧車が佇んでいるといった侘しい風景という感じです。
まあ,元日のあまり客のいない時だからっていうのもあるとは思いますが…。

さて,そうこうするうちに大明神展望台に到着。

【大明神展望台】
d0104959_8193888.jpgご覧のとおり,あまり広くないところに柵付きの台が乗っかっているという感じの場所ですが,この台からの眺めは非常によく,360度パノラマです。眼下に相模湖,西に目をやると上野原の市街,遠くに南アルプスも見えます。何といっても富士山がよく見える!
石老山の山頂は周囲が樹木に囲まれていて,切れ間から遠く富士山を眺めるといった感じでしたが,ここは遮るものがほとんどなく,眺望が本当に素晴らしい!

【大明神山の富士】
d0104959_8213435.jpg


ポットに入れてきたコーヒーを飲みつつ小休止をしたところで,いよいよ下山です。

「大明神展望台」からの下山ルートは,しばらくゴツゴツした岩場の道を行くことになります。
かなり歩きづらい道で,苔なども生えていたりするのでところによっては滑りやすい危険な場所があります。

小さな祠を過ぎたところから「ねん坂」と呼ばれている沢沿いの道をたどっていきますが,ここもわりと急峻な崖っぷちを渡るようなところがあり要注意です。

特に下り道は登り道よりも危険がいっぱいなので,慎重に・・・。

やがて舗装道路へ出て一安心というところで,相模湖休暇村キャンプ場へと至ります。
そのまま,キャンプ場の中を抜け,県道517号という山間の細い道をプレジャーフォレストへむかって歩き,さらにそこから国道沿いに石老山登山口まで歩いて今回の登山は無事終了です。

【関連情報】
石老山コース(いい~さがみはら:相模原市観光協会公式ホームページ)

朝7時から登り始めて正午前に下山終了となりました。
全行程で4~5時間程度ですので,昼頃から登り始めても日没前には下山ができると思います(よほどゆっくりと行くのでない限り)。

下山後は,温泉につかってゆっくりしようと近くの「藤野やまなみ温泉」というところに寄ってみました。
元日だったせいか,それほどたくさんの入浴客はいませんでした。

最近,あちこちで見かけるスーパー銭湯同様に食堂・売店・休憩所が備わっていますが,あまり広いスペースではないので,100人ぐらいの来客があるとほぼ満杯状態になるのではないかと思います。

さて肝心のお風呂ですが,男湯は内風呂2(うち1つはジャグジーあり)と露天風呂1,あとサウナと水風呂があります。
でも,あまり広くないので入浴者30人くらいだとかなり狭苦しい感じがします。
しかも,サウナは3人で満員という狭さ(結局,サウナは利用せず)。

お湯は,「源泉加温」と風呂場に掲示されていましたので沸かし湯ですね。
でまあ,あんまり温泉に浸かっているという感じがしなかったというのが正直な感想。

泉質等の詳細は,下記の「藤野やまなみ温泉」のサイトをご覧あれ(ついでに,近隣の温泉へのリンクも掲載)。

【近隣の日帰り温泉情報】
藤野やまなみ温泉
ふじの温泉 東尾垂の湯
弁天島温泉 旅館天下茶屋

入浴後は,スシローに寄って初寿司を堪能し,帰宅。

てなわけで,今年も年明けトレッキングはつつがなく終了いたしました。<(_ _)>
[PR]
# by mmwsp03f | 2013-01-06 23:17 | 観光