まあ思いついたことをつらつらと書き綴っています(写真は奥多摩から見た富士山)。


by M.M@Kanagawa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:映画・娯楽( 5 )

スヌーピーという名のビーグル犬が主役のような漫画,ピーナッツ・シリーズが始まって今年で60周年を迎えるそうで,現在イベントが開催されています。

しかし,それほど大々的というほどではなく,なんとなく地味な感じで開催中。


【銀座で開催されているイベント,"SNOOPY Love GINZA"のシンボル・イラスト】

10月いっぱいは,銀座のソニービルを中心にいくつかの商業施設でイベントが行われているとのことで,ちょっくらいって参りました。

銀座ソニービルの場所は,東京メトロ銀座駅B9出口から直ぐ,というよりは真上になります。


このソニービルの正面入り口には,イベント開催告知とともに,むくむくっとしたスヌーピーの等身大?(にしてはでか過ぎ)のオブジェが展示されています。
他人事ながら,雨降ったりしたら汚れて大変だろうなとか思ったりして・・・。
d0104959_21432456.jpg

アングルを変えてもう一枚。
d0104959_21444865.jpg

銀座ソニービルは,数寄屋橋交差点の前という銀座の一等地で人通りも多いところにあるので,このような展示物があると自然と目を引きます。
それで道行く人は,ちょっと寄り道して携帯でパチリ,観光客はカメラでパチリ。
高齢者のツーリストは,一眼レフカメラでパチリ(横浜赤レンガ倉庫の時も思ったのですが,観光に来ている高齢者はやたらと高級な一眼レフカメラで風景を撮りまくっているんですよね。金持ちですよねえ)。

さて,ソニービルでは10月24日までの期間,8FのOPUSというイベントスペースで3D映像(正味10分程度の短いもの)を流したり,ピーナッツのキャラクターの張りぼてを展示して記念撮影とかやっていたります。

いちおう全館挙げてのイベントは10月12日までとのことですので,行ってみようかなという方はお早めに。
だけど,そんなに期待するほどの大々的なイベントではありませんので・・・。

「ソニービル全館がピーナッツ一色になります。ぜひお楽しみ下さい」と案内には書かれてありますけど,ぜんぜん「ピーナッツ一色」じゃありませんから。
ソニービルの各フロアのところどころに張りぼてやぬいぐるみ,掲示物が貼ってあるだけですから。

なんかなあ,パレードとかなんかやれば良いのにね。
少々寂しいイベントです。

このイベントに協力している商業施設(銀座三越・山野楽器銀座本店など)では,関連グッズなどを扱っていますが,それ以外にはこれといって目を引くものはなし。
協力している各店に行くとQRコードがあって,それを使って携帯サイトにアクセスすると「スヌーピーまちうけコレクション」というオリジナル待ち受け画像がGETできるそうです。
まあ,お客さんに立ち寄ってもらいたいための策という感じ。

どうせやるなら,もうちょっと派手に告知をしてイベントを盛り上げてほしいと思うのですがねえ。

そして何よりも,書店や出版社が大々的にバックアップしてイベントを盛り上げて,ついでに日本版ピーナッツブックスの復刊などを目論んでいただいたらよかったんですがね。

あ,ちなみに,ソニービル内のスタンプラリーで抽選をやった際に,J賞のクリアファイルをGETいたしました(たった一枚だけですが)。
籤運の悪い私にしては快挙かな。

スタンプラリーの用紙


【関連情報】
SNOOPY スヌーピーと仲間たちのオフィシャルサイト
銀座ソニービル
[PR]
by mmwsp03f | 2010-10-08 22:12 | 映画・娯楽

楽しい空中散策

あー,なんか広告表示されてますね。

すべての記事に広告がつくのかと思ったら,7月投稿分から広告が表示されるようです。
だけど7月からと告知しておきながら,6月30日分の投稿にも広告入れるところがなってないなー。

テキスト広告,相変わらずの大不評。
エキサイトブログ向上委員会のお知らせ投稿にも,「FC2に移転しました」とか「ブログやめた」とか「迷惑だー」とかいうトラックバックやコメントが相次いでおります。

中には,広告載せるのは仕方ないとしても表示の方法を何とかしてくれとか,Yahoo!の広告をママ載せるのはいかがなものか,というコメントもありましたね。
この点については,私も同感。
広告載せるのであれば,もうちょっと考えて載せてよねってことで。

>なお、前回の発表の際に、皆様から頂いたご意見を参考に、
>掲出される広告の内容について適宜調整を行っております。

てなこと書いてますけど,ホントかー?
圧倒的多数はアンチ広告派なのに,彼らの意見を取り入れて広告やめるんかね?
だとしたら,意味ねー。

さて,話は変わって昨日のこと。。。(がらりと話題を転換)
何気なくテレビのチャンネルを変えていたら,面白い番組に遭遇しました。

空から日本を見てみよう(テレビ東京)


ヘリコプターで上空から日本の景色を写す空中散歩のような企画の番組。
時々,目に付いた施設をピックアップして取り上げたりしています。
もともとは,特番だったものがレギュラー番組になった模様。

ナレーターは,伊武雅刀と柳原加奈子。

マルチな才能を誇る伊武雅刀のナレーションは堂に入ったものですが,柳原加奈子も器用にナレーションをこなしてますねえ。
この2人のコンビはなかなかいいかも。

この番組は,ただ上空から景色を撮るだけではなく,ちゃんとどこに何があるかをフキダシをつけてわかるようにしています。
なかなか親切。

こういう番組で地元が取り上げられたりするとうれしいですよね。
なんていっても,地理の勉強にもなるんじゃないかな。

昨日は「茨城県」だったのですが,私がちょうどチャンネルを変えてみたころには,日立市を撮っていて,日立シビックセンターという公共施設がお台場のフジテレビに形状が似ているっていうのでツッコんで取材していたり,海岸線から内陸に向かって進んで日立市のルーツとなった日立鉱山を映して,その歴史をかいつまんで解説したりしていました。

ちなみにボールをあしらった建築は,日立シビックセンターの方がお台場に8年先駆けて建てたそうです。

しかし,この番組って,相当金がかかっているんだろうなと下衆な勘ぐりをしたりして。

ヘリコプターを飛ばすのって,すごい費用がかかるらしいんですよね。
ビックコミックスピリッツに連載している佐々木倫子さんの『チャンネルはそのまま』でも取り上げられていましたが,1時間で50万円前後かかるそうです。
すげーって妙なところ感心したりして。

で,なにやらもっと安くできる空撮があるそうで,モーターパラグライダーを使った撮影だそうです。

【関連情報】
パラグライダーで格安空撮(空撮企画)

だけど,この番組はかなり高空から撮っているし,しかも市街地の上空も飛んでいるからパラグライダーでは撮影無理ですよね。
やっぱりヘリ撮影かな。

番組自体は,なんとなくNHKの企画番組っぽい感じではあるのですが,大きな違いは商業施設やお店などを積極的に取り上げて,PRなんかもしてあげているところですかね。

私は,これはいい番組だと思いますよ。
昨年10月から続いているらしいんですが,ということはそろそろ4クール目突入ってコトですね。
このままで行けば,1周年は堅いかな。少なくとも3年は続いてほしいなあ。
[PR]
by mmwsp03f | 2010-07-02 14:33 | 映画・娯楽
先日,ワーナーマイカルシネマズにて,マット・デイモン主演の映画「グリーン・ゾーン」を見てきました。

グリーン・ゾーン公式サイト

サミュエル・ジョンソン賞を受賞したラジブ・チャンドラセカランのノンフィクション作品『グリーン・ゾーンの内幕(Inside Iraq's Green Zone)』を原作とした映画で,イラク戦争の開戦にまつわる内幕を明らかにし,アメリカのイラク統治の問題点を指摘したものです。

原作本はこちら。

グリーン・ゾーン

ラジブ・チャンドラセカラン / 集英社インターナショナル


映画は,戦争の開戦理由となった大量破壊兵器の所在を捜索しているロイ・ミラー上級准尉が,国防総省からもたらされる誤情報に疑問を持つところから始まります。

イラク軍の大量破壊兵器隠匿場所の確報として受け取る情報がことごとく間違っていて,それをブリーフィングの際に指摘しても相手にされず,余計な詮索はするなというように質問を打ち切られる始末…。

開戦の理由ともなった重大な問題であるのにも関わらず,いつまでたっても発見できないことに裏があると感じたミラー准尉が独自捜査を続けていく中で,真相に近づいていくというものです。

あとは見てのお楽しみということで…。

スリリングで面白い映画なのですが,この映画を見るにはある程度イラク戦争に関する予備知識があったほうがよいだろうと思います。
そこでお勧めなのが,

戦争詐欺師

菅原 出 / 講談社


という本です。

これは,ブッシュ政権の開戦決定をめぐる陰謀を明らかにした本で,当時の状況が非常にわかりやすく解説されています。
この本のタイトルとなっている「戦争詐欺師」ですが,これは主にアメリカを開戦へと引きずり込んだアフマド・チャラビという人物のことを指しています。
ただし,読んでいかれるとわかりますが,「戦争詐欺師」は彼だけを指し示す表現ではなく,アメリカをいやでも戦争へ引き込もうと様々な陰謀をめぐらす人びとを総称しています。

イラク戦争開戦を強硬に主張した国防総省が,不確実な情報でもフセインを叩き潰すためなら事実と言い張ってごり押しをする。
あきれるほどに杜撰な調査とイラク攻撃に都合の良い情報だけを取捨選択し,戦争を強行した結果,現在も続く泥沼のテロ戦争が続くという最悪の状況をもたらしたことが,この本では示されています。

まさしく,デイヴィッド・ハルバースタムの『ベスト・アンド・ブライテスト』によって明らかにされた,ヴェトナム戦争が泥沼へ至る決定過程の再来です。

ベスト&ブライテスト〈上〉栄光と興奮に憑かれて (朝日文庫)

デイヴィッド ハルバースタム / 朝日新聞社


アメリカの脅威は排除しなければならないという強迫観念が,アメリカという国を必要のない戦争へと駆り立て,結果として国益を損なう重大な失敗を犯す。

「グリーン・ゾーン」を見て,このようなことを繰り返さないためにも,われわれは国際情勢にも絶えず目を向け,真実を追究しなければならないと改めて感じました。
[PR]
by mmwsp03f | 2010-05-26 20:43 | 映画・娯楽
子どものころに,友達や家族と人生ゲームで遊んだ記憶のある方も多いと思います。大人になった今でも人生ゲームを堪能されている方もいらっしゃるかもしれません。

人生ゲームはタカラ(現タカラ・トミー)のヒット作であり,ロングラン商品でもありますが,なんと,今度新しく発売される新作で47作目になるそうです。

新作人生ゲームは,設定された条件をクリアすると盤面をめくって新しいステージに進むことができる仕様になっているそうです。ゲームは全体で4つの区画に分かれていて,1から4の区画をクリアするとゲーム終了で,これまでどおり,お金をたくさん稼いだひとが優勝というのは当然変わりません。

シリーズ47作目は盤面をひっくり返して億万長者に!『人生ゲーム ドリームチェンジ』発売へ
ガジェット通信:2010年4月14日 13時00分

いろいろ考えているもんですね。新作人生ゲームは「人生ゲームドリームチェンジ」というそうです。詳しくは,公式サイトをご覧あれ。

人生ゲームドリームチェンジ(タカラトミー商品情報)

■タカラトミー:人生ゲーム公式サイト

4月下旬発売ということですが,こりゃあゴールデンウィークを狙っているなというのが丸わかりですな(笑。
たまには大人同士で楽しむのもよいかもしれませんね。

ちなみに,タカラ公式サイトには面白そうなブログパーツがあったのでダウンロードしてみようとしましたが,「許可されていないブログパーツです」と拒否られてしまいました(涙。
excite!は割と融通のきかないことが判明。



仕方がないので,ボタンの画像だけ表示(クリックしても飛ばないよ)。もし,ご自分のブログで使えるのであれば貼り付けてみては?

ダウンロードページはこちら
   ↓ ↓ ↓ ↓
ブログパーツダウンロード

ちなみにルーレットをやってみたら「慈善事業に$5,000はらう」だと! 一気に貧乏人に転落(驚。
[PR]
by mmwsp03f | 2010-04-14 17:01 | 映画・娯楽

オーケストラ!

さて、今度は4コマ漫画に続いて映画のお話。

4月17日に「オーケストラ!」という作品が公開されます。ちょっと関心があるので取り上げてみました。ちなみに主人公はロシア人ですが、主な舞台はフランス(フランス映画)です。

映画「オーケストラ!」公式サイト
<<注意!>>リンク先のサイトは音声が流れます(割とでかい音量ですので、図書館などでご覧の方は要注意!!!)
映画「オーケストラ!」新着情報(公式ブログ)

ソ連時代にクビになった元天才指揮者と元楽団員が偽オーケストラを結成して、パリで公演を行うというもの(詳しくは公式サイトをご覧あれ)。
この元天才指揮者が自分が主席指揮者だった交響楽団のホームグラウンドで清掃員をやっているという変な設定で、他の元楽団員たちも前職とはまったく関係のない仕事についていて、いかにも…的な設定になっていますが、まあ面白ければいいかと。

クラシック・ファンということもあって、この映画に関心を持ったのですが、コメディ映画も好きなんですよね。
大概、こういうコメディ映画は最後に大団円が待っていたりするのですが、よい映画はクライマックスに至る過程でいくつも見せ場を設けてあったりするので、そこを期待していたりします。

最近は、「のだめカンタービレ」のおかげで一時期低迷していたクラシック音楽にも日が当たるようになってきましたが、この映画が拍車をかけてくれるといいんですけどね。
[PR]
by mmwsp03f | 2010-04-10 08:50 | 映画・娯楽