まあ思いついたことをつらつらと書き綴っています(写真は奥多摩から見た富士山)。


by M.M@Kanagawa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:司法・裁判( 3 )

いよいよ刑事訴訟法改正案が可決成立し,閣議決定を経て即日施行となったそうです。

時効廃止:改正刑事訴訟法成立へ 未解決事件にも適用
毎日新聞:2010年4月27日 11時16分

以下,公訴時効廃止対象の構成要件。

■刑 法
・殺人
・強盗殺人・強盗致死
・強盗強姦(ごうかん)致死
・汽車転覆等致死
・往来危険による汽車転覆等致死
・水道毒物等混入致死

■そのほか特別法
・決闘による人の殺害
・航空機強取等致死
・航行中の航空機の墜落等致死
・組織的な殺人
・人質殺害
・船舶強取・運航支配等致死

記事によれば,「過去に発生した事件でも、時効が成立していなければ適用対象となり、法定上限が死刑である罪の場合、即日施行なら95年4月28日以降に発生した未解決事件は時効が廃止される」とのことで,373件の未解決事件は継続捜査の対象となるそうです。

問題となるのは,遡及処罰の禁止(憲法39条)の原則に反しないかという点ですが,法務省は問題なしの判断をしているそうです。ただ,学説上は問題ありの意見もあり,今後論議を呼びそうな話題ではあります。

【関連記事】
殺人罪などの時効廃止 改正刑事訴訟法成立、即日施行
産経新聞:2010.4.27 23:57

時効廃止法が施行 国会審議約4週間で改正法成立
朝日新聞:2010年4月27日18時24分
[PR]
by mmwsp03f | 2010-04-28 03:38 | 司法・裁判
時効廃止法案、成立日施行目指し 法相が最終調整
共同通信:2010年4月27日 02時02分


本日,衆議院で与党・野党の賛成多数で殺人罪等の一部について時効を廃止する刑事訴訟法改正案が可決成立します。

これまで,時効によって実行犯が懲役を逃れることができたわけですが,世論に圧されて本国会で法案が提出され,可決成立する見込み。
しかも,即日施行で現在未解決で時効間近の事件についても適用されるとのこと。

これによって,時効廃止対象となる犯罪の実行犯は,一生警察に追われることになるわけですが,そうなると国外逃亡(ICPO非加盟国への逃亡)が増えるのでは?との懸念も出てきます。

あと,考えられることとして,時効がなくなることによって警察が期限を定めて捜査をしなくなってしまうのではないかという懸念。

つまり,犯人を捕まえる期限がなくなるわけですから,自然と事件解決まで時間がかかってしまうようになるのではないかということも考えられるわけです。

警察は,そんなことはないとおっしゃるでしょうが,人間とは不思議なもので,無期限とか先延ばしといった事態になると,切迫感がなくなるので自然と何事にも時間をかけるようになってしまいます。

時効を廃止するということは,果たしていいことなのかどうか,そういう点からも考えて見る必要はあると思います。
[PR]
by mmwsp03f | 2010-04-27 14:07 | 司法・裁判

弁護士バー,開業!?

なんとも面白いことをやってくれる弁護士がいたものです。

「弁護士バー」、12日にオープン=東京・渋谷に「身近な存在」
4月3日19時16分配信 時事通信

<弁護士バー>東京・渋谷に開店へ 接客で法律相談はせず
4月3日20時16分配信 毎日新聞

店名は,「リーガルバー六法」というそうです。なぜ,弁護士がバーをやるのか? って疑問に思いますよね。時事通信の記事によれば,発起人の弁護士(東京第2弁護士会所属)の外岡潤さんという方が取材で「これまで弁護士は敷居が高いイメージが強かったが、バーという気軽な場所で身近に感じてほしい」からというのが開店の理由だそうです。

なぜバーなの?と私は思ってしまうのですが,たぶん外岡弁護士はバーのマスターっていうのにちょっとした憧れを抱いているのではないかと,想像してみたり…。

だけど東京第2弁護士会から,バーという店(法人)が弁護士業務を行うのは弁護士法72条の非弁行為に抵触する恐れがあるからやめなさいと言われたそうで,そんならバーでは法律問題は世間話程度にして,法律相談は事務所でやるからいいでしょということで開店に踏み切ったそうな。

なにやら非弁行為以外でも,バーでの接客が弁護士の品位を失う懲戒処分の対象になるとか言われたらしいのですが,それってありですかね?あからさまな職業差別じゃないですか? バーで接客している人は品位がないんですかね。これはちょいと問題発言ではと思います。

だけど外岡弁護士も兼業できるほど余裕があるのでしょうか? いくら弁護士を身近に感じられるようにといっても,本業がおろそかになっちゃまずいでしょうし,今のところバーで働く弁護士は外岡弁護士一人だけのようですから,フル回転でバーの仕事もこなさなきゃならないでしょう(弁護士がいるバーが売りなわけですから当然ですね)。

くれぐれも体を壊さないように,気をつけていただきたいものです。
[PR]
by mmwsp03f | 2010-04-04 12:56 | 司法・裁判