まあ思いついたことをつらつらと書き綴っています(写真は奥多摩から見た富士山)。


by M.M@Kanagawa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

想定内の選挙結果?

参議院議員選挙終わりましたね。

昨日,投票所に行ってみたら案外多くの人が投票に来ていたので,これは前回よりも投票率伸びるかなと思ったのですが,2007年の参院選よりも少し落ちてしまいました。

●参院選投票率
2010年 57.92%
2007年 58.64%


ただし,これは事業仕分けにより選挙管理委員会に配分される予算が削られた結果,投票所を削減したことが影響しているとも言えるかもしれません。
だけど,もうちょっと投票率伸びてもいいのになと思いました。

【参議院議員選挙関連情報】
Yahoo!参議院選挙2010
参院選2010開票速報(47News)
YOMIURI ONLINE 参院選2010(読売新聞社)
NHK 参院選2010(参議院議員選挙・開票結果)

でまあ,開票結果はおおむね予想通り。民主党が議席を減らし,野党が議席を増やしましたね。
選挙前に増税を口にすれば,それだけで有権者は離れていってしまいますので,当然の結果といえるでしょう。

これほど議席を落とすとは考えていなかったでしょうが,菅首相も民主党執行部も想定済みであったと思われます。
だって,菅首相は選挙前に選挙に負けたとしても退陣しないよというような発言してましたからね。
普通,勝つ気でいる人がそんなこといいません。
それに,執行部の顔ぶれも選挙前から変わることはないと断言していた記憶があります。

だけどまあ,国民新党は大打撃ですね。
ただでさえ少ない議席が,さらに減ってしまって,今回は0議席ですからね。

それに比べて躍進しているのが,みんなの党。
だけど,それは本当にみんなの党に期待してのことなのか,それは不明。
民主・自民に入れる気はないが,どっか他にいいところないかと探した結果,とりあえず他の諸党に比べたらマシかもしれないという感じで入れている可能性もあります。

そう思う根拠は,自民とみんなの党以外に議席を伸ばしているところがないというところにあります。
かろうじて「たちあがれ日本」は同数の議席を確保していますが,あとは軒並み議席を減らしています。
それだけ他の諸党が有権者に訴えるものがなかったということでしょう。

ただ,今回の選挙で解せないのは,自民が+13議席と躍進していること。
どうやら,自民に入れた人たちの頭には,民主の対抗馬は自民以外にはないという考えがあったのではないかと推察してみたり・・・。

前回の衆院選総選挙で自民にダメ出しをした元自民支持者たちが,元の鞘に納まったということなのでしょう。

しかし,それで本当にいいの? と私は思います。

谷垣総裁って,公務員制度改革なんてどこ吹く風で,即刻増税の方針を打ち出していた人なんですけど。
日本の政治・行政をここまでダメにしてきたのは自民党のはずだったんですが?

これまでの経緯を見る限りにおいて,自民党は民主党よりも信頼できないと思います。
少なくとも民主党は,行財政改革において大鉈を振るって改善に努力してきましたが,自民党は政権党時代に民主党ほど努力したことはありませんし,官僚とのなあなあな体質も改善されているとはいえません。

そのような政党に,また政権をゆだねる結果になってよいものでしょうか?

イイカゲン反民主であれば自民党という発想はやめて,選択肢の幅を広げてもいいと思うんですけどね。
それにもっと,有権者が政党や候補者と政策討論とかして,判断できる仕組みを整えてもらえればなあとも思います。

今の選挙は,あまりにも立候補する側が一方的に演説して,訴えるだけですからね。
[PR]
by mmwsp03f | 2010-07-12 20:59 | 政治・国際事情